WordPress Live – Twenty Fifteen

WELCOME to Twenty Fifteen Liberty

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Phasellus non tortor eros. Nam ultricies, massa vel faucibus ultrices, nibh arcu mollis tortor, condimentum dapibus libero urna id elit. Integer vehicula augue eget gravida suscipit. Duis vel lectus at ex sagittis dignissim non eu elit. Nam a nibh id augue tincidunt laoreet. Cras augue ex, varius aliquam rhoncus in, feugiat vitae urna. Suspendisse potenti. Maecenas consequat nulla eget elit tincidunt vehicula. Praesent dolor nisl, cursus id sapien eget, iaculis vulputate felis. Maecenas vel elementum nisl. Sed quam odio, dignissim ac nulla at, pellentesque pulvinar magna. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus.

モバイル・デバイスでの閲覧やブラウザ幅を狭めることで、この部分の表示と入れ替わりにコンテンツを表示します。

Beethoven’s Seventh Symphony

第7交響曲

ベートーヴェンの9つの交響曲の中で、最後にジャーンと音を伸ばして終わるのは5番の《運命》だけ、あとはみんな短いアッコードで終わる。序奏がついているのは1番、2番、4番、そしてこの7番。

ベートーヴェン音楽の真髄は、9つの交響曲にあります。ピアノやヴァイオリンのソナタ、弦楽四重奏、その他の作品も、音楽史の上ではむろん大きな価値を持っていますが、これらの作品は全て9つの交響曲の縮図だといっても過言ではありません。その中で、この第7番の交響曲は独特の性格を持ち、ある意味では最もベートーヴェンらしい作品と見ることもできるでしょう。何より大きな特徴は、旋律を歌うアンダンテ、あるいはアダージョのテンポの遅い楽章がないということです。全曲を一貫してリズムの要素が強調され、ワーグナーはこの曲を、“舞踏の聖化”と評しました。当時緩徐楽章として扱われた第2楽章は、最初から6小節は旋律線が全く動かず、和声進行とリズムにその表現の全てが託されています。〈永遠のアレグレット〉と呼ばれるこの楽章は、すべてのベートーヴェン音楽の中で、最も素晴らしいものの1つです。

ベートーヴェンは、丁度この交響曲を書く頃から、それまで使っていたラッパ型の補聴器をやめ、筆談帳を使うようになりました。ベートーヴェンの使っていた補聴器というのは、メトロノームを発明したメルツェルの考え出したもので、豆腐屋の使っていたラッパのような形をした極簡単なものでしたが、この曲を書く頃にはもうそんなものでは役に立たないほど、彼の耳は悪化していました。そこで彼は、会話をしたい相手にまずペンを差し出して内容を帳面に書いて貰い、それを読んで返事をしゃべったのです。

今ではベートーヴェンに関する研究が独立し、ベートーヴェン学と呼ばれるようにさえなりましたが、この筆談帳はベートーヴェンの日常生活そのままの記録ですから、ベートーヴェン学にとっては最も貴重な資料になりました。残念ながら第7交響曲の頃、つまり筆談帳を使い始めた頃のものは現在まで発見されず、捨て去られてしまったものと思われますが、1819年から27年まで、ピアノの作品でいえば作品106の《ハンマークラヴィーア》から以後、弦楽四重奏曲でいえば作品127以後、交響曲でいえば最後の第9《合唱》の時期、この8年間の筆談帳全部で137冊が、現在では東ベルリンの国立図書館に保存されています。

なおこの交響曲の第2楽章ほど、ベートーヴェンの他の交響曲と比べて、指揮者の個性によってまちまちな表情を与えられるものはなく、いろいろな名指揮といわれる人たちのレコードを聴き比べてみるのもまた一興でしょう。姉妹芸術といわれる絵画とは違って、そのいずれも正真正銘本物のベートーヴェンであること、言うまでもありません。

親サイトにアップロードした画像を子サイトで表示する

同じデータベース内の親サイトから子サイトに、メディアを共有する。

Read More

ハイドン作曲 弦楽四重奏曲ニ長調 作品64の5《ひばり》

1790年に、エステルハージ侯爵家の宮廷楽団のヴァイオリニスト兼実業家のヨハン・トストからの依頼によって作曲された「第3トスト四重奏曲」の中に含まれる弦楽四重奏曲です。「ひばり」というタイトルはハイドン自身が名付けたものではなく、第1楽章の冒頭に現れる旋律が、ひばりのさえずりに似ていることによるが、いつ愛称がついたのかは不明。

Read More
Markdown

マークダウン記法リファレンス

マークダウン記法を使うと、投稿作成をモバイルで行うときでも簡単に装飾できる。マークダウン記法というのは、アスタリスクや、アンダーバー、各種カッコでHTMLタグを代行出来る記法です。

Read More

第7交響曲イ長調

ワーグナーは、この曲を「舞踏の神化」と絶賛した。全曲を通してメロディ以上にリズムが重要な役割を果たしている。リストは「リズムの神化」と言ったという。それだけ躍動的でエネルギッシュな印象なのだ。 初演はベートーヴェン自身の指揮で行われ、聴衆は熱狂してアンコールを求めた。好評により4日後に再演、さらに翌年以降も繰り返し上演されたので、当時のウィーンのヒット曲だったといえる。 《運命》、《田園》、《英雄》といった交響曲と異なり、この曲にはタイトルがない。もしタイトルが付いていれば、もっと広く人気を獲得していたのに、とよく言われたものだが、第1楽章が2006年のテレビドラマ『のだめカンタービレ』のオープニングテーマに使われたことがきっかけで人気が爆発。21世紀の日本でもヒットしたこの曲は聴く価値最大!

1812年作曲。(約38分)

Read More
GB EMI ASD299 クルツ サンサーンス&プロコフィエフ・動物の謝肉祭&ピーターと狼

GB EMI ASD299 クルツ サンサーンス&プロコフィエフ・動物の謝肉祭&ピーターと狼

クルツは、それほど多くの録音を遺さなかったが、ロシアバレエ団との深いつながりから、一般にバレエ指揮者とみなされており、レパートリーや録音の中心はバレエ音楽で占められた。バレエ音楽の指揮者としては、西側で定評を勝ち得ていた。其の証左としてステレオ黎明期の英国EMIにチャイコフスキーのバレエ音楽、フィルハモニアと収録している。ウォルター・レッグもロシア・バレエは、やはり本場の指揮者のほうが、カラヤンより売れると考えていた節がある???地味だが,なかなかの好演。やや固い締まった響きで,音楽の運びはオーソドックスだが,独特のバランス感覚を持ち合わせた名演。絢爛豪華なカラヤン・ウィーンフィル盤も良いが、たまには 本場の指揮者でジックリと と思いたくなる演奏です!!盤質良好、買い替え対応盤!

Read More

In 1976 Boz Scaggs won a Grammy for his breakout hit Lowdown.

ロー・ダウンはビルボードのポップス・チャートでナンバーワンを記録、1976年のヒット・アルバム、シルク・ディグリーズからのシングルカット。スタジオミュージシャンとして参加した、ペイチ、ポーカロ、フンゲートがTOTOを結成。ベストR&Bソングでグラミー賞を白人シンガーが受賞したのは快挙で、その後の道筋まで作ることになりました。

Read More

Hello world!

Store AmadeusClassicsへようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Read More

Posts Navigation

THE DAILY SPECIALS

Pancake Sandwich

One egg any style, three fluffy buttermilk pancakes, choice of: bacon or sausage

R65

The Full House

Any eggs, toast, tomato, mushrooms, choice of: bacon or sausage

R75

The Big LeBowski

250gram Beef Patti, Bacon, cheddar and guacamole

R95

From Our Gallery

ランダムに並びは変わります。

COME DINE WITH US, MAKE A RESERVATION

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Phasellus non tortor eros. Nam ultricies, massa vel faucibus ultrices, nibh arcu mollis tortor, condimentum dapibus libero urna id elit. Integer vehicula augue eget gravida suscipit. Duis vel lectus at ex sagittis dignissim non eu elit. Nam a nibh id augue tincidunt laoreet. Cras augue ex, varius aliquam rhoncus in, feugiat vitae urna. Suspendisse potenti. Maecenas consequat nulla eget elit tincidunt vehicula.

Vivamus sit amet odio sed quam volutpat ullamcorper vitae at mauris. Aenean ullamcorper vestibulum sagittis. Nulla vel ornare mauris, id congue nisi. Duis ac convallis nulla. Suspendisse rhoncus, mauris eu vulputate congue, lectus felis iaculis eros, eget vehicula ipsum felis accumsan justo. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Nunc urna nisl, condimentum sit amet lorem quis, facilisis molestie velit.